武蔵村山市の小さな工務店 自然素材で安心・健康家づくり むらやま建設

mkdc.exblog.jp
ブログトップ

タグ:K邸 ( 5 ) タグの人気記事


2009年 01月 16日

K様邸にこんな変化が!

前回UPしたK様邸ですが、本日は植栽が入った写真が撮れたのでご紹介致します。
いや~しかし、植栽が入ると、こうも違うか!と言うくらい見栄えが変わってきます!
今回はPROに配置、樹、バランス等全てお任せしたので超GOODです。

c0139215_20112823.jpg
c0139215_20132646.jpg
c0139215_20135114.jpg
c0139215_2014384.jpg
c0139215_20141660.jpg
c0139215_20143056.jpg


これで、南側のデッキが出来たら・・・完璧!・・・完成写真を撮るのが楽しみです!
K様工事はもう少々で終了なので・・・ご迷惑をお掛けしていますがよろしくお願いいたします。
[PR]

by murayamakensetsu | 2009-01-16 20:19 | 住宅をつくる
2009年 01月 13日

年末の仕事NO,1

年末に竣工した物件のご紹介です。今回は外観です。
まずは、プランから竣工まで約1年費やしたK様邸のご紹介です。
外構工事は一部残っていますが、建物はほぼ完成!こだわりの詰まった家になりました!
*竣工写真はまだ撮っていないので、追い込み工事の写真をご覧下さい。

外観です
c0139215_9572591.jpg

c0139215_9564988.jpg

c0139215_10232185.jpg

c0139215_9574374.jpg

この時点の写真では、まだ完成ではないですが、黒&シルバーのガルバの外壁です。
雨戸の戸袋もガルバ、雨樋もガルバ、ベランダの壁は風通しを考慮したルバーに
なっています。ガルバとの相性もGOOD!でした。
ここに、北側に木製ルーバーフェンス、西側に縦格子フェンスができ、今年工事を行う
南側のウッドデッキ、植栽で完成となります。
*現在は南側以外は完成しております。完成後の写真はまた後日。
[PR]

by murayamakensetsu | 2009-01-13 10:27 | 住宅をつくる
2008年 10月 22日

K様邸 工事状況

K様邸では、仕上げに向けて急ピッチで作業が行われています。外部工事は、外壁のガルバリウムが張り終り、電気関係の工事が行われ、残りは、軒裏・破風のAEP塗り、雨樋取り付けでほぼ完了!足場をバラすのみとなっています。内部では、天井野縁が組み終わり、石膏ボードを張っています。前回は屋根工事までご紹介致しましたのでその後の工事写真をご覧下さい。

①屋根工事が終わりますと、構造用金物取り付け、筋交い取り付け、防蟻工事外部構造用合板を張っていき、サッシを取り付け、基礎断熱工事を行います。
c0139215_1658817.jpg

c0139215_174514.jpg

c0139215_1715797.jpg

c0139215_1732067.jpg

写真は、基礎断熱、防蟻工事(ヒバ油)金物、筋交い、構造用合板、サッシ工事が終わった様子。ここまで工事が進むとJIOによる構造検査を受けます。

②JIOによる構造検査の様子です。柱、梁は図面通りに納まっているか、筋交いは入っているか、金物、HDがきちんと付いているか、などなど・・・約2時間くらい検査にかかりました。
c0139215_176567.jpg

c0139215_1771586.jpg

c0139215_1772914.jpg

バッチリ見てます!見逃しません!と言いつつ検査しています!3枚目の写真はレーザーレベルで建物の水平を見ています。もちろんですが、検査は1発OKでした049.gif

③外部では、ベランダFRP防水、サッシ周り・開口部周りに防水テープが貼られ、透湿防水紙貼り工事が行われています。この工程が終わりますとJIOによる防水検査(外装下地検査)が行われます。
c0139215_17141138.jpg

c0139215_17143464.jpg

c0139215_1715469.jpg

c0139215_17152592.jpg

FRP防水はもちろん2層にしてあります。サッシ周りはもちろんですが、貫通部等にも防水テープを貼って、雨仕舞対策をしています。防水検査ももちろん1発OKでした049.gif
検査後は、外壁仕上材、ガルバリウム鋼板を張って行きます!
c0139215_1719389.jpg

c0139215_17195199.jpg

板金屋さんが、ガルバリウム張っています。K様邸では、シルバー&ブラックのガルバを張ります。仕上がりが楽しみです!

長くなってしまったので、続きは次回!内部工事を中心にお届けいたします!
[PR]

by murayamakensetsu | 2008-10-22 17:23 | News
2008年 09月 22日

5月~8月までの仕事NO,3 K様邸

K様邸 リポートNO,2(基礎編)
基礎工事NO,1
いよいよ、K様邸の着工です!1日目は遣り方・根切りが行われました。
c0139215_16423645.jpg

遣り方出しの様子
最初に図面上の建物の位置を敷地に写す地縄通りに、遣り方が行われます。
地縄を基準にした水杭と呼ばれる杭が打った後に、水貫と呼ばれる貫がレーザーレベルによって正確な高さを出して留められます。この高さは、基礎工事が終わるまでの基準となります。
c0139215_16424955.jpg

根切り
遣り方が終り、ユンボで根切りが行われているところです。
ユンボである程度の深さまで掘ったら、手作業で正確な根切り底のレベルを出していきます。
根切りされた部分は基礎において柱荷重が集中する部分で地中梁となります。
写真にはありませんが、その後、地業が行われました。
地業は地盤を突き固める作業で、根切り底に割栗石を敷いた後に、それをランマーで
転圧する作業が行われこの日は終了いたしました。

基礎工事NO,2
転圧が終わった後は、底盤部を覆うように防湿シートを敷き込みます。
これは、地面からの湿気が建物に入り込むのを防ぐためのシートです。
c0139215_16592486.jpg

シートは隙間ができないように150mm以上の重ね代をとって敷き詰められます。
その後、根切り底に捨てコンクリートを打ちます。
c0139215_1702949.jpg

全体でレベル差が出ないように打つことで、精度の高い基礎をつくることができます。
通常は、外周部のみですが、今回は全て捨てコンクリートを打っています。
c0139215_170616.jpg


基礎工事NO,3
配筋工事・配筋検査が始まりました。
K邸の基礎形式はベタ基礎としています。ベタ基礎は、地盤に施工された鉄筋コンクリート面全体で建物を支える構造となっているため、地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ逃がすことができる利点があります。工事は、配筋と外周部の型枠の設置が行われます。配筋は、捨てコンクリートに基礎芯を墨出しし、それをもとに配筋が行われます。
配筋が終わると、JIOによる配筋検査が行われます。
c0139215_17162176.jpg

外周部の配筋です。
c0139215_1717829.jpg

底盤部の配筋です。中央に見えるのはスペーサーブロックと呼ばれるもので、底盤部や根切り部のコンクリート内において、鉄筋の被り厚さを適切に保つためのものです。
底盤部では70mm、根切り部では40mmの被り厚さをとっています。
c0139215_1720593.jpg

基礎コンクリートと、上部の建物を固定するためのアンカーボルトです。
c0139215_1773832.jpg

c0139215_1775218.jpg

配筋とJIO検査員による配筋検査の様子。鉄筋1本1本しっかりチェックしています!

基礎工事NO,4
配筋検査合格後、耐圧版の打設工事になります。
c0139215_17182867.jpg

c0139215_17183924.jpg

コンクリート打設しています。打設は、ポンプ車を使ってミキサー車よりコンクリートを流し込みます。中1~2日養生してから、立上り部の打設を行います。

基礎工事NO,5
養生期間が終わり、立上り部のコンクリート打設が行われました。
前回打設を行った底盤部の上に立上り部の型枠を設置し、コンクリートを打設します。ここで、ようやく基礎の全容が見えてきます。打設後は、基礎の天端にレベラーを流し込む作業で終了となります。
c0139215_1729494.jpg

立上り天端にレベラーが流し込まれ、基礎コンクリートの打設が完了しました。
レベラーを流し込む前に、レーザーレベルを用いて、立上りコンクリート打設の際に天端に差し込まれた高さ調整のできるビスを基礎立上り天端の正確な高さに合わせます。その後、レベラーと呼ばれる基礎立上り天端用につくったモルタルを流し込みます。
c0139215_1727255.jpg

c0139215_17302843.jpg

型枠が外され、基礎工事の完了となりました。

次回は、いよいよ上棟です!
[PR]

by murayamakensetsu | 2008-09-22 17:32 | 施工例
2008年 08月 28日

5月~8月までの仕事NO,3 K様邸

K様邸 リポートNO,1(着工前)
K様邸は、現在進行中の建物です。外観は、総ガルバ(シルバー&ブラック)のシンプルで高気密工断熱住宅です!内部は無垢材をふんだんに使った温かみのある空間・・建具も天井までで、スッキリとした空間に・・内外共、こだわりにこだわった仕様になっています!仕上がりがとても楽しみ049.gif
先月、地鎮祭が行われ、基礎工事~今月2日に上棟、屋根の断熱工事~ガルバリウム鋼板葺き工事~構造用金物取付工事~外部構造用合板張り工事と、現在順調に進んでおります。来週あたりには、JIOによる構造検査を予定しています。明日より、大工さんが2人になるので、一気に現場が進みます!現場が進むのは良いのですが、施工図(各詳細図)が・・・工期がないので、頑張らなくては・・・
c0139215_15361727.jpg

K様邸建築予定地。3方道路の敷地です。ここに↓のような建物が建ちます!
c0139215_15392219.jpg

c0139215_15393547.jpg

完成予想図:西側道路より:シルバーの屋根、外壁にアクセントのブラックがはえます!


c0139215_15505648.jpg

c0139215_15441151.jpg

地鎮祭の様子
K様家族、ご両親、ご兄弟、不動産屋さん、担当大工、私と、賑やかな地鎮祭に!
天候にも恵まれ、地鎮祭は、滞りなく終わり、数十分後には雨が降ってきました・・・汗
『雨降って、地固まる』
土地の神様が清めの雨を降らしてくれたようです。

次回NO,2は、基礎工事~上棟、屋根工事編です。
[PR]

by murayamakensetsu | 2008-08-28 16:02 | 施工例